小さい頃私が読まなかった作品

小さい頃私が読まなかった作品。松本零士の漫画は999の他にもキャプテンハーロックなど有名作品がたくさんあり、どの作品もなかなかにボリュームがあるので本で買って読むには結構な冊数があり、迷っていたんですが、スマホ漫画を配信しているサイトで配信があるのをみつけたので、毎月ポイント付与がある会員に登録して隙間時間を利用して1話ずつ読んでいます。

主人公の少年は、その時であった人々との気持ちを交わし人間の欲望を目の当たりにし、メーテルの語らない悲しみを知る事となる。

そして機械化人になろうとしていた自分の気持ちを見つめなおし、命の本来の価値を知る事となる。最終回近くでの鉄郎の一言は名言として多くの人の心に今も残っています。SF超大作漫画・銀河鉄道999は、学生時代に見ただけですぐ松本作品だとわかる、あの絵の感じから受ける印象だけで、ストーリーを知りたいという気になれずまわりが読んでいても私は読みませんでした。

数年後の今、読んでみたらこの作品のファンが多い事に納得しました。
主人公の少年が機械人間に母親を殺害されてしまったので、自分も機械人間になることで寿命のない身体を手に入れるために銀河鉄道999に乗って宇宙の星から星へと旅する。

その旅の間、大小さまざまな星に停車し、その星のホテルに泊まったり、希少価値の高い999のパスポートを盗られたり取り戻したりなどの次から次の騒ぎや揉め事の多い旅をします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック