子供部屋の床にあるのは燃える!お兄さん

子供部屋の床にあるのは燃える!お兄さん。いつ本を読むのかな?と思ってるうちに時は流れ(笑)子どもたちは大きくなり、旅立って行きました。つい先日、2人と 再会した時に、そのことを話したら、あの頃読んでもらった記憶や本を記憶していて超びっくり!でも母が読み聞かせしてたことは無駄じゃなかった~(´;ω;`)と嬉しかったのを覚えています。家から歩いて30分の所に町立図書館があって、月末にかなりたくさんの人気の絵本をレンタルするんですが、毎回違うものを読みたい私に、マイチルドレンは繰り返し読み聞かせた本を要求して来ます。
子どもたちというのは結局どうなるのか知っているほうが安心のようです。小さい頃から読み聞かせしてると大きくなると本好き子になるという話を真に受けていたんですが、中学3年でも変化なしで、息子達は漫画しか読まず、子供部屋の床にあつのはHUNTER×HUNTERと劇団鯨ごろしという少年漫画。
我が子達が小さい時、夜になると、本を読み聞かせてたんですよね。



「読み聞かせ」と聞くとよく思い浮かぶのは強制的に聞かせているという印象と捉える向きもありますが、私は以前から本を読み聞かせるのが大好きだったので、子供達がどんどん大きくなってもういいというそぶりを見せるまで風呂あがりのくつろぎタイムに読み聞かせてましたv(´∀`*v)ヒ゜ース急な便秘の症状

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック