やっぱり本は重みを感じたい

やっぱり本は重みを感じたい。紙の本ってやっぱりいい。
文庫本最高!歴史の遺物にならないで。と言って通じるところがあるなら言いたい。私は小さい頃から、本が好きです。



でも、たくさん読んでいるかと聞かれれば、ちょっと違うかも。サスペンスや謎解き等々。

自分の感覚に合う本に出会うと、その作者が発表している本を読みつくしてしまうので、数的には多くても、おそらく種類やジャンルは狭い。


だけど、本を好きだというのは変わらない。デジタルブックも良いところはたくさんあると思うし、利用してみたい気持ちもあるけれど、やっぱ本といったら自分の手でその重みを感じながら読みたいという思うなあ。たいして長くはない私の歴史の中でも、買ったり図書館で借りたりする本を手に取ってきた時間が長いから。本というものはコストパフォーマンスが悪くても、本物の良さにはかえがたい。新しい形式の広まりが早い最近でも、本屋さんで売っている本は形を変えずにそのままの姿でいてほしいと願ってやまない。

資源の節減で、電子書籍が最先端な感じがいいけれど、本の魅力には遠く及ばない。
こういうことを普通にうだうだと言って一人違うテンションだと引かれてしまうかも^^;だからこういうところで、字で表現してみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック