困難な条件に負けず一生使える歯を求めるなら可能性を追求する

困難な条件に負けず一生使える歯を求めるなら可能性を追求する。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。





ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。



よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。



義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。



高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。



手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック