優しくオフすればOKです

優しくオフすればOKです。自宅で簡単にできて、効果も期待できるシワ対策ならおそらくパックでしょう。

一日の終わりのパックの時間は安らぎの時間ですね。パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。作り方はかんたんです。普通のプレーンタイプのヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにしてお肌にのせたら少し休みましょう。ヨーグルトの成分が美白や保湿などの効果をもたらしシワ予防にも効果が期待できそうです。

昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、嫌になってしまいますよね。道行く若い人の肌に目がいってしまうと、輝くばかりにきれいで、妬みたくなってしまうのです。今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。

シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、日焼け対策とアンチエイジングで肌の抗酸化を忘れないようにします。



顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはなんとかできるものなら、したいものです。ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。

紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、もしも日焼けをしてしまったのなら、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。こまめなケアでシミ、シワ改善となり、アンチエイジングできます。


パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

美白や保湿をしてくれる成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働きかけ、透き通るような肌を作り出してくれるのです。うかつにも日に焼けてしまった時にとても効果的で、日が変わらないうちに、きちんとケアしたら、嫌なシミを予防することができます。


摩擦による刺激はお肌にとって大敵だということは充分わかっているつもりです。

うっかり力を緩めることなくごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化させるようなイメージで、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

とにかく、力を入れすぎないようにし、ソフトにまあるく円を描くようにする、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック