それがもとでニキビができてしまうのです

それがもとでニキビができてしまうのです。なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥も含まれます。肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と疑問に感じている人も多いかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは間違いありませんが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがもとでニキビができてしまうのです。




10代の時、スナック菓子をたくさん食すると翌日にはニキビが発生していました。

食べ物がてき面に影響するんだ、と経験したものです。

それから後、年齢が進むとともに食べ物にも気を遣うようになり、チョコレートやスナック菓子などは食べるのをやめています。その結果かニキビも完全に出なくなりました。




冬になると空気が乾いてくるので、その影響から肌の潤いも奪われがちです。水分が肌に足りないと肌のトラブルの元となるのでケアが必要です。潤いが足りない肌のトラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを普段より気にかけてください。

乾燥する時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。

エステをスキンケアのために行かれる方もいらっしゃいますが、効果を期待できるか気になりますよね。

専用クリームなどを使ったハンドマッサージやエステ用に開発された機器などで自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにして肌をしっとりと蘇らせてくれます。

肌のすみずみまで血行がいきわたりますから新陳代謝も進むでしょう。フェイシャルコースを選んだ人の9割以上の人が肌の調子が以前よりいい感じになったと答えています。




実際、ニキビがおでこにできてしまうと、なんとしても前髪で隠そうとしてしまいます。ですが、それはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、出来れば前髪で隠すというようなことはせずに髪がニキビに触れないようになるべく刺激を与えないようにすることが大切なことです。


ご存じないかもしれませんが、妊娠した最初の頃にはホルモンバランスが乱れてしまうことから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。さらに妊娠による精神的なストレスもニキビが出来てしまう原因になります。とはいって、抗生剤等を使うことは出来ません。ホルモンバランスを正しく整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、休養するようにしましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック