やはり確定申告はしておくべきでしょう

やはり確定申告はしておくべきでしょう。もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、確定申告を忘れないようにしましょう。

確定申告の時、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得た利益分から引いておけます。そしてもし、思った程利益を上げることができなかった場合であっても、とにかく確定申告はしておくことです。そうすると、翌3年にわたって損失の分を繰り越していける決まりがありますから、この先FXで利益を出していく予定なら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。



FX用の口座開設は簡単にできますが、トレードで儲けがあるかどうかは別個の話なので、事前に学んでおいた方がいいです。

そのうえ、FX会社によって多少口座の開設に際しての条件が違います。

その条件に合わなければ口座開設は無理なので気をつけるようにしてください。


FX投資で出した利益には税金が生じるのでしょうか?FX投資により取得した利益は税制上、「雑所得」の内訳になります。年間の雑所得の合計金額が20万円より下であれば、税金は必要ありません。けれど、雑所得の合計が、20万円をオーバーする場合には、確定申告をする義務が発生します。

税金を払わずにいると不正経理になってしまいますので、心に留めておいてください。




FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。

投資をしていれば否応なしにわかることですが、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。

受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、作ったそれはとても大切な命綱ですから曲げたりせず徹底して守ってください。

FXで勝つためには、暴落のリスクをしっかりと念頭に置くことが必要です。暴落しそうにないような状況でも、万が一のためにそのリスクを想定においたトレードをしてください。FXにおいては絶対安全ということはないので、万が一のことも想定するようにします。

たとえば、ドルの場合ですと、利益を出しにくいのですが、その代わりとして、リスクも大きくはなりにくいのです。



多くの手法が存在するFX投資ですが「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。

サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、割高な方を売却し、割安な方を購入して利益を得るという考え方です。サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますがどちらの手法も要領を掴むまでは儲けを期待するのは難しいと思われます。

何はともあれ、システムと注文の方法を頭に入れておきましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック